2007年06月

薄皮を剥ぐ様に...

51v1hhjzphl._aa240_.jpgビリーに入隊しているお仲間が、別のお友達の所で↑こう仰ってました。
実に上手い事言うてはるなぁ~~と思いますOK
私のはテレビ通販とは違うバージョンだけど、ブートキャンプはまさに薄皮はがしだワ...と感じる3週目(笑)
薄皮を剥ぐ様に変化する、という意味なんですけどもホンマその通りです。

一番変化しているのは体脂肪率。でもコイツはよっぽどでないと目に見えてこないので...落ち込み
エリートはそもそも3枚組なのですが、1枚目では全然厳しくなくなったので、
最近は専ら2枚目(主に二の腕。そして1よりややキツ目)と3枚目(腹筋強化)を交替でやっています。
1枚目はかなりビリーも優しいんですけど、2・3枚目は「ワンモアセッ!!」っていうからあと1セットだと思ったらもう1セットやらされたり汗
ちょっと辛いスタイルでストップかけられたりと苦戦しますダメ
テレビ通販のDVDの方がキツいようですが、エリートは1と2が40分ちょい、3が30分ちょいと短めなので、合間をぬってやる私にはむいてると思ってますまる
もう少し慣れたらテレビ通販のバージョンの最後のDVDだけ買おうかな...って思ってるんですが...
続けられるかどうかが最大の問題ですよね。

やり始めて日中疲れにくくなりました。それで体調がなんとなくイイ感じ。
体重は1.5kg減ったんですが、元が巨デブですから1.5kgなんてちょっとご飯抜いたりライブ行けば減るんでまだアテにはなりません。
あ、でもね。朝晩(昼は普段いつも軽めなので)がっつり食べてても翌朝にはちゃんと戻ってるんですわ。
少しは基礎代謝が上がっているのかも...
ウエストも少ーーーーーしだけ減ってる模様。でもクドいようですが、元がボテボテ腹なんで、まだ遥かにボテ腹ですダメ

そんな訳で、見た目の変化は全然ないのですが、
自分で感じる変化は確かにあります。ね、薄皮はがしでしょ?走る汗

らっきょう漬け

img20070624.jpg我が家は無類のらっきょう好き親子でして、毎年この時期は一年分のらっきょう漬け作りに1日つぶします。
母は中国産の野菜を昔からことごとく疑っている人(そんなん言うても外で知らずに食べてると思うけど)なので、国産のらっきょう漬けをいちいち買うととんでもない額になってしまう為、家で漬けてます。

なかなかこの辺で良い土らっきょうを買うのは大変で。
スーパーでこの時期売っているし取り寄せも出来るのですが、なかなかこまめに覗けず面倒でした。
でも数年前からこの鳥取のお店からお取り寄せしています。
やっぱりらっきょうは鳥取ですよね~ラブ
ウチは大粒らっきょうが好きなんですけど、もうここのは歯ごたえもしっかり、当然新鮮キラキラで、とっても美味なんですわラブ
全部で6kg、来年の今頃まで持たせる様に食べなければ...

今日は午前いっぱいらっきょうの皮を剥いて洗って水気取って漬ける作業。
ちょうど天気も悪かったし雨ちょうどいい内職でした笑い

夏チロル

最近ビリー隊長のお陰で毎日どこかが痛くてちょっぴりグロッキーです落ち込み
9日頃買って、途中女の子の日とかがあったので多少休んだんですが、
私にしては意外と真面目にやってます。私がやってるのは字幕付きの4枚組じゃなく、3枚組のブートキャンプ エリートというやつです。
前回1枚だけ買ったと書きましたが、結局2・3とビリーバンドの代わりにエクササイズチューブ買いました。
テレビ通販のよりは軽いと思うんですが、それでも今お腹の前方がピリピリ痛いです泣く
これで効果が数字にもっと見えてきたらいいのになぁ...

そのせいかどうかはともかく、近頃甘い物をちょっと食べさせて!と思う事が多いです。
元々甘いのも塩っ気のお菓子も好きなワタシ(だからデブ)ですが、
甘い方はあまりたくさん食べられないので買って来る量は少なく、残りは母行きです。
でも塩っ気のは、テレビ見てるうち「うおぉぉぉ!!」なんて量になってます...
ところが今塩っ気のお菓子は欲しくなくて、チョコ一粒欲しい...とかそんな感じなんです。
やっぱ筋肉痛んでるから糖を欲してるのかもしれない...困った

たくさん食べたらビリー隊長の効果がチャラになってしまいそうなので、粒タイプのチョコを買って少~しずついただいてます。
今日コンビニで見つけた夏チロル。tirol.jpg
プラスチックカップに25個入って262円です。
冷やして食べる事が前提のチロル。
赤は見えにくいけどマンゴーね。
ココナツはビターチョコの中がココナツ風味のクリーム。
パインヨーグルトは、パインとヨーグルト2層のチョコの中にビスケット。
マンゴーはマンゴー風味チョコの中もマンゴー風味ゼリー。(調べたらゼリーと書いてあったけど、冷やすとキャラメルみたいな固さ...)

ココナツが一番無難で美味しいのかもしれないけど、私は結構マンゴー味が好きです。
チロルチョコも色々考えますよねぇ。
最近は1つ20円のチロルもあったりして、チロルのクセに!!!なんて思う事もありますがウインク

舞妓はーん

とは言っても映画の話じゃありません。(すごく観たい。阿部サダヲ好きラブ
変身の話で。
26歳くらいの時、友人と舞妓変身に行った事があります。
昔持っていたWeb日記(今は削除済)にも書いた事がありますが、
その時の店では外出(別料金)は20代まで、という制限が付いていて(ただし年齢は店員の判断&自己申告)ぶっちぎり20代だった私たちはそれをネタに散々盛り上がりました。
どう見ても違う人が20代だと言い張ったらどうするのかとか、すごく老けてる20代だったらどうする、とか。

今でもその話をネタとして使いますが、一緒に行ったのとは別の友人が、
その体験談を聞いて、どうしても舞妓になってみたい!と言ったのは数年前。
すぐ行けば良かったのですが、なんやらかんやらで、結局日曜に行ってきました。

maiko.jpg今は何歳だろうが外に出してくれるお店が多いらしいです。
もちろん外出自体やってないお店もありますが、出られなくても中庭で写真撮ったり出来るし。
でも無謀な事にその外出許可は20代までのお店に行く事に。
店員が「外出されます?」とふってくれんかったら言わんとこうな!と約束して行きました。
だって疑われたらホンマに20代ちゃうから恥ずかしいし...汗

妙なドキドキで白塗りされてましたが、無事(?)外出を薦められましたウインク
「はい、お願いします」という声が微妙にうわずってしまった気が(笑)

ここからは以前に体験したのと同じ。
お金はかかるけれど、人力車に乗せてもらわないと前に進めません。
あの独特のぽっくりの下駄が歩きにくい事もあるけどそれがメインではありません。
観光客に阻まれて進まないのですダメ
写真を撮られる時はきちんと「舞妓変身です。偽物です。」と言わないといけないんですが、
ほとんどの観光客はそんなこと構いやしないのです。
解ってて撮ってるんだろうし。
人力車に乗ってもあちこちからカメラを向けられ、「こっち向いてハート」と言われたり、
修学旅行生に握手求められたり(笑)ちょっとしたスターキラキラ気分。

友人は大満足。私もまさか人生で2回も舞妓になるとはね...汗
まぁ楽しかったですが。笑い

「ベルギー王立美術館展」

土曜は国立国際美術館へ、ベルギー王立美術館展を観に行きました。
こちらではかなり大々的に宣伝していて、梅田の某大型電器店の斜め前のホテルには、
ビックリする程大きい看板が。
もう来週で終わりなのでさぞかし混んでいるのでは...と覚悟して行ったんですけど、
全然たいした事ありませんでした。
そこそこ人はいたけれどゆったり見られたし、変なストレス感じさせるような人もいなくてかなり快適キラキラ
目玉はルーベンスブリューゲルだったんですが、日本ではそんなに知名度がないというか、
いまいちお客さんを呼ぶには掴みが足りないって感じだからでしょうか。
hl_img08.jpg
古典と近代の油彩画が中心で、これ!といった印象深いのは少なかったんですが、
目に止まった←この絵。
「燻製ニシンを奪い合う骸骨たち」
アンソールという画家が自分をニシンに見立て(フランス語で薫製ニシン(アランソール)とアンソールは発音が同じらしいです)自分を攻撃する批評家(骸骨)を皮肉っている絵。
なんだか遠い昔、どこかで見たような...
何か授業で習った気がするんですが、記憶が曖昧です。
そもそも何の授業なんだ。

あと、チラシにも載っている目玉のブリューゲル(父)「イカロスの墜落」。
img20070618.jpg
右の隅の方でちょこっと見えている足。これがイカロスです。
手前で全然気付かず労働に精を出している人との対比がかなり面白い絵だなぁと思いました。
ところでイカロスと言えば、子供の頃「勇気ひとつを友にして」っていうイカロスの歌を習ったんですよね。知ってます?
懐かしくて歌詞を調べてみました。

昔ギリシャのイカロスは ろうで固めた鳥の羽根
両手に持って飛び立った 雲より高くまだ遠く
勇気ひとつを友にして

丘はぐんぐん遠ざかり 下に広がる青い海
両手の羽根をはばたかせ 太陽めざし飛んでいく
勇気ひとつを友にして

赤く燃えたつ太陽に ろうで固めた鳥の羽根
みるみる溶けて舞い散った 翼うばわれイカロスは
落ちて命を 失った

だけどぼくらはイカロスの 鉄の勇気を受け継いで
明日へ向かい飛び立った 僕らは強く生きていく
勇気ひとつを友にして


...4番、無茶だ...落ち込み
記事検索
記事検索
livedoor プロフィール
livedoor プロフィール
タグクラウド
タグクラウド
QRコード
QRコード
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ