土曜は奈良に「鑑真和上展」を観に行ってました。
唐招提寺の平成の大修理が終わる記念の展覧会です。

sitennou.jpg今、阿修羅様が東京へ行ってガラスもなく360°観られると言うのを、テレビや各方面で観て
少なからず羨ましいと思っていたのですが、この展覧会それを意識していたのか、
国宝の帝釈天や四天王さん達、ガラスなしで360°観る事が出来ましたキラキラ 
阿修羅様も10月からご帰還の特別拝観があるそうなので、360°観られるようにしてくれないかな。
奈良で観てこその価値もあると思うんやけど。

話ちょっと逸れましたが、見応えある展覧会でした。
瓦とか軒支輪板(軒下を支えてる板)とか、素人目には全くガラクタ(というかゴミっぽい汗)がサクッと国宝だったり。
横に再現された色鮮やかな複製品が並べてありましたが、元はそうだったということですよね。
京都の古いお寺もそうだけど、建立当時はとても色鮮やかでサイケデリックだったんですよね。
その当時の様子、チラッとでも覗きに行ってみたいもんです。CGの再現映像じゃなく。
もちろん金色に輝く舎利入れ(要するにお骨)など、目にも立派な国宝も。

最後には東山魁夷の障壁画がありました。
波の絵が、たくさんの色を使っているわけではなさそうなのにとても美しかったです。
大袈裟ではなく、本当に音まで聞こえるようでした。

そして...前も言いましたが、彫ってみたいなぁ、仏像。
刺繍と仏像、近頃の私の願望とキーワード(笑)です。
hotoke1.jpg